home TRANS NOVEL 運命のウィークエンド(作:光の国の王子)
[1][ 2][ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][ 10][ 11][ 12][ 13][ 14][ 15][ 16][ 17][ 18][ 19][ 20]

第8章: "男性の手の中で…"

パンティ越しではあるが澤田の執拗な愛撫を受け続けたあゆみ…・ペニスはも うパンティを破らんばかりに勃起しており…・先からの愛液でパンティの前に は…大きな染みができていた。 "ああ…・暁さん…・・すごい…・感じる…・" あゆみがそんな気持ちに酔いしれていた次の瞬間…・・澤田の手がパンティの 上から… あゆみの中に滑り込んだ…・ 「ああ…い、いやああぁぁ…」 澤田の男性の…骨太の指が…・あゆみの…・今にも破裂しそうなペニスを…・ 掴んだ…・完全に勃起していたにせよ、普通の男性に比べれば貧弱なあゆみの ペニスは澤田の大きな手に簡単に納まってしまった。 「あっ…・・だ、だめ…・・い…・い、いやあああ…」 「あゆみ…・可愛い…・ペニスだ…・すごく…・熱くて…・僕の愛撫に感じて くれているんだね…・うれしいよ…今日は僕はいいから…・あゆみだけ思いき って感じてくれれば…僕は幸せだよ…さあ…・」 そう言うと澤田は優しく彼女のペニスを上下に刺激しはじめた…・ そんな優しい澤田の言葉と行為に…・今のあゆみが感じないわけはなかった… 彼女の口からまたも大きな嗚咽が漏れた…・ 「あああああ…・い、いいいぃぃ…・」 "うそ…・信じられない…・暁さん…・男性の人があゆみのを…優しく触って… こんなに感じて…・も、もう…・だめ…・いや…・" 「だ、だめ…・暁さん、だめ…・あ、あゆみ…・い、いっちゃうから…・もう、 や、やめて…・あああ…いや、そんな暁さんの手で…いっちゃうなんて… ああぁぁああ…」 あゆみには考えられない事だった…・そう、男性の愛撫で…・男性の手の中で 果ててしまうなんて…それだけはどうしても避けたかった。しかし、そんな彼 女の必死の願いも無駄な努力だった…・ 「いいんだよ…あゆみ…今夜はあゆみだけ満足してくれれば…・僕は幸せだか ら…恥かしがらずに…・僕の手の中でいっていいんだよ…・愛しているよ…あ ゆみ」 彼女の願いもむなしく…・終わりが刻々と近づいていた…・・ "だ、だめ…・・もう…・・我慢が…・出来ない…・・" 澤田の手が…・亀頭の裏の敏感な部分を刺激した…・それが引き金となってし まった…・ 「あぅ…・ぁぁ・・あああ、だ、だめ、あ、暁さん…あ、あゆみぃ…い、いく、 いっちゃう、いっちゃうぅぅ…ああああ、いやあああぁぁああ…」 パンティの中で…そして澤田の手の中であゆみがはじけた…・・澤田の手では 受けきれないものがパンティの中にこぼれはじめた…・ 「ぁぁぁ…・」 あゆみにとって…・ある意味では屈辱的な結果であった…・しかし、今の彼女 はそんな気持ちは一つも感じてなかった。もちろん、澤田に対しての恥かしさ は口では表せないほど大きなものだった…だが、それよりも…女性として男性 に愛され…男性の愛撫で感じて…好きな男性の手の中で果てる事が出来た事… その喜びのほうがはるかに大きかったのである。 "水島あゆみ"にとって、彼女の人生を大きく変える事になる、"運命のウィーク エンド"、その第1日目が静かに終わろうとしていた。


TRANSE NOVEL 運命のウィークエンド(作:光の国の王子)
[1][ 2][ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][ 10][ 11][ 12][ 13][ 14][ 15][ 16][ 17][ 18][ 19][ 20]

ご意見、御感想やご質問をメールでお送り下さい。
M(asochism) obedient tale. Produced by Yuki Yagumo.
|| Copyright(c) 1999 System Development Division, all rights reserved.||

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー